住宅ローン相談実例2015年12月

住宅ローン相談実例2015年12月

『長期優良住宅の優遇制度』

申込人  35歳  会社員  勤続13年  年収470万円

相談実例-12

 

 

 

今回のケースはまず、お客様側は、長期優良住宅、かつローンのご予算を3,000万円で抑えたいというご希望、一方工務店様は、土地代含めて3,000万円では、長期優良住宅を建てることは出来ず、あと200万円予算をみてほしいという希望であり、どうすればよいかというご相談でした。そこで当社では以下のご提案をさせて頂きました。長期優良住宅なしで3,000万円を金利1.68%で35年ローンを組むと、月々の支払額は94,523円になります。
一方、長期優良住宅で3,200万円を金利1.68%(10年金利優遇あり)で35年ローンを組むと、当初10年の月々の支払額は91,529円となり、200万円多く借入しても支払額は2,994円安くなります。
11年目以降、金利優遇はなくなりますが、それでも長期優良住宅では以下の様な優遇制度があり、また資産価値として、将来売却を検討することになった場合や賃貸に出すことになった場合でも一般住宅より評価が髙い点を考えると、200万円多く借りても長期優良住宅にする方が賢明であることはわかります。
上記内容からお客様の意思決定がなされ、無事にご成約となりました。
※実際の相談事例を元に、属性を若干変更して事例設定させて頂いております。
相談実例12-2

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

PAGE TOP